二の腕の脂肪吸引の失敗について

暴飲暴食を繰り返した結果

二の腕 脂肪吸引 効果美容整形なら湘南美容外科

私は昨年二の腕脂肪吸引を行いました。
私はストレスが原因で肥満体質になってしまったのです。
元々やせ型だったのですが、仕事でのストレスが強く、そのストレスから解放されたく時間に関係なく暴飲暴食を行っていました。
そのせいで体重は急激に太ってしまい、手持ちの服が着れなくなってしまうほど太ってしまったのです。
当時付き合っていた彼からも、私の容姿が余りにも変化してしまったことで女として見られなくなってしまい、振られてしまいました。
そのことがきっかけでダイエットを本格的に行うことにしました。
酵素ドリンクを使ったファスティングダイエットに炭水化物を抜いたダイエット、半身浴やサウナスーツを着てのウォーキングなどあらゆることを行いましたが、元々食べることが好きな私は、ダイエットを行うことにストレスを感じてしまい、余り痩せませんでした。
精神的にも追い込まれ、見かねた私は友人に相談をしたところ美容整形外科を教えてくれました。
美容整形外科自体が初めてだった私は、インターネットの区と込みを調べてしっかりと安心できる病院を選びました。
美容整形外科では、まずカウンセリングをしっかり行います。
モニターを使ってビフォーアフターの写真を作ってくれ、イメージしやすいようにしてくれます。

二の腕の脂肪吸引で取り戻せない失敗経験

子供の頃からふっくらした体型でしたが気にする気にもならず、健康で活発な子供時代でした。
両親共に肥満体型でしたが健康状態も良好で家族で食べる事が趣味になって居ました。
健康が一番と言う家庭環境だったので精神的にも安定した幼少時代だったのですが、高校生になった時から周囲と自分を比べるようになりました。
かなり太って居たのでダイエットとリバウンドを繰り返すうちに体重が減っても太腿や腕に脂肪が残るようになってしまいました。
部活動も活発にして居たのですが過食嘔吐なども起こってしまい、性格も内向的になって行ったのです。
見た目は痩せているのですがお腹周りや二の腕の他に太腿にもたるんだ脂肪が取れずに残ってしまい、
水着になる事も腕が全部出てしまうような服装は出来ないようになってしまいました。

社会人になり一人暮らしをするようになりお金も自分の好きなように使えるようになった事でお化粧に励むようにもなり、
かなり見た目を気にした生活を送り始めた頃に美容整形で脂肪吸引をした人の口コミを見たのです。
私と全く同じような経験をして居たのでたるんだ脂肪が一気に解消されて素敵な二の腕になって居た写真を見てからは、
私自身も美容整形を受けてみたいと感じ始めました。
両腕で十万円もしないと書かれて居たので早速美容整形のクリニックに行きカウンセリングをして貰いました。
脂肪吸引は部分麻酔で日が得地手術と言う事もあり、とても簡単な手術でダウンタイムも短いので奥の方が施術を受けて居ると教えてくれました。
私の二の腕の場合はかなり脂肪があり吸引する量も多めにと思って居ましたが、
先生からあまり急激に脂肪吸引をすると予後にあまり良い影響はしないし、
数年後に痛みを伴ってしまう事もあるので注意して脂肪吸引の量を決めないた方が良いと言われました。
脂肪吸引は失敗する例は殆ど無く少しずつ取り去る事で美しいすっきりした二の腕になると注意は受けたのですが、
私は一気に除去して早く結果を出したいと思って居たのです。
手術費用の面からも出来れば一回で終わらせてしまいたいと感じて居ましたし、
モニター期間を利用したかったので安い時だけを手術期間に当てようと考えて居たのです。
丁度春だった事もあり夏を前に焦る気持ちがありましたし、夏に友人と海で思い切り遊びたいと考えて居た事も関係して居たのです。
先生からは注意されましたがギリギリの量で脂肪吸引に踏み切ったのですが、予後は問題無くすっきりとした二の腕になる事も出来ました。
その夏は本当に今までの人生の中で一番楽しんだ経験で、二の腕を見せる服を沢山購入して張り切って過ごしたのです。

しかしそれから一年も経たないうちに少しずつ痺れたような感覚に襲われる事になったのです。
既に美容整形外科の保証期間が過ぎて居たのですが再度受診した所、やはり急激な吸引が原因で痺れて来てしまうとの事でした。
痛み止めを飲んで処置する他に手はなく、神経に問題が出てるかもしれないからと痛みが酷い時には神経科に行くように勧められました。
無理を言って吸引して貰った事もあり、私自身も強くは言えなかったので今はとても後悔して居ます。
腕は細くはなりましたが現在は時折来る神経の痺れにペンを持つ事も辛くなって居ます。
最近は腕を上げる事が困難になってしまう事もあり、高い物を取る時には痛みを伴いと気もあります。
折角理想の腕にはなりましたが使え無くなってしまう事は考えて居なかったので、激しい後悔に陥る事もあります。
家族には手術の事は全く伝えては居ませんが、私が腕の痺れに耐えられず横になって居る事を心配そうにして居ます。
簡単と考えて居た自分の判断が間違って居たと今は反省して居ます。

暴飲暴食を繰り返した結果 : 長いこと痛みと腫れが続いた : 安易な気持ちで行わない方が良い?